大企業の飲み会の実態〜若手はバイトのようにこき使われる日々〜

こんにちは、ユウです。

 

今回は、大企業の飲み会の実態について暴露しようと思います。

 

この前ニュースで、

「最近の若者は、飲み会に来ない!けしからん!」

みたいなこと言ってるおっさんが出てきましたけど、

正直、会社の飲み会ほど無駄で生産性がないものはないと思います。

 

特に僕が勤めているインフラ系の大企業は、

社風が古く、飲み会が好きなおじさんが多いため、

少なくとも週に1回は飲み会が開催されてしました。

 

そんな大企業の飲み会の実態について、

僕の経験談を書いていきたいと思います。

 

新入社員の歓迎会で感じた地獄の宿命

 

研修所での研修が終わり、僕はようやく勤務先に赴任した。

そして、赴任先において、

新入社員歓迎会という名の飲み会が部全体で開催された。

 

研修所でも交流会という名の飲み会はあったが、実際に職場の飲み会を体験したのは、これが最初だった。

飲み会と言えば、ワイワイガヤガヤ楽しむものなのかな〜って呑気に考えていた僕は、

この飲み会を通して、大企業サラリーマンの宿命を知ることになる。

 

飲み会の開始早々、若い社員たちが動き出した。

彼らは、必死に動き回り、中堅以上の社員のグラスが空いていないかをチェックしまわる。

そして、お酒の量が少なくなっていたらすぐさま飲み物を確認し店員に注文する。これを繰り返していた。

 

ほとんど料理にありつけていない若手の社員をみると、僕はこれから始めるであろう宿命を想像すると恐ろしくなった。

 

バイト並みに働かられる日々

僕の想像は見事的中した。

翌日に同じ課での飲み会が企画されていた。

 

僕が赴任したことに対する歓迎会という名目あったが、

実態としては僕の飲み会のマナーを徹底的に指導するための修行の場だった。

 

僕は、直属の先輩に飲み会のマナーを徹底的に叩き込まれた。

具体的には、こんな感じだ。

 

  • 上司や先輩のお酒のグラスを見て、水位が1/3以下になったらすぐさま次に何を飲みたいかを確認すること。
  • 上司が普段飲むお酒(ベース)を把握すること。
  • 料理の注文は若手がすること、そしてただ好きなものを注文するのではなく、上司の好みの料理を把握した上でそれに合わせて注文すること。
  • 焼酎を注文する際はボトルで注文すること、そして上司の好みの焼酎の種類(芋か米か麦か)と飲み方(水割り、お湯割、ロック)、割り方の比率を全て把握しておくこと。
  • 飲み会が終わったら1番の下っ端は最後まで残り、忘れ物がないかチェックする。

 

などなど

 

あまりに理不尽なルールの多さに

てか、俺居酒屋のバイトか!?

金払っているんだよな!?

と感じつつも、上司や先輩に逆らうことはできず、

淡々と飲み会のマナーをこなした。

 

学生時代は悲惨ないじめを受けて必死に勉強して大学に入り、

就職活動もそこそこ頑張り、ようやく大企業と言われるこの企業に入った僕は、

これまで何のために頑張ってきたのか分からなくなった。

 

地獄の2次会への勧誘

こんな感じの古い習慣で飲み会において、こき使われるのだが、

1次会だけで終わるならまだマシだった。

 

その後の2次会こそが本当の地獄となる。

無理やりタクシーに乗り込ませられたら、近所のスナックに連れられていく。

もちろん拒否権はない。

 

そして中に入ると、40歳以上のおばさんが数人いた。

こんなおばさんに囲まれて、全く楽しくもない。

早く帰って寝たいだけで、地獄の時間だ。

 

しかも、それだけではない。

ただ上司の飲み会に付き合わされるだけではなかった。

 

 

先輩にマイクを渡されて「歌え!」と言われた。

断ろうにしたら、キレられたので僕は仕方なく歌うことになった。

 

まだ、カラオケが得意ならまだ良い。

僕は超絶な音痴なのだ。

 

そして、好きでも得意でもないプライベートでは絶対に行かないカラオケを歌わされる羽目になった。

僕の音痴加減に周囲にもクスクス笑われ、地獄の4分間を過ごすことになった。

 

嫌だ、もうこんな恥を吐きたくない。

 

夕方16時に、「おい、今日飲み行くぞ!」

こんな感じで、僕は地獄の飲み会の毎日を送っていた。

 

あらかじめ、ある程度覚悟ができていたらまだマシだ。

心構えができる。

 

しかし、これが全く持って予測ができないから尚更に辛いのだ。

 

上司が飲み会好きだと、

「なんとなく今日飲み行きたいな〜」というノリで部下を飲みに誘おうとする。

 

そして、入社がネジが若い若手は飲み会を断る権限はない(←断ったら査定に響く)ため、大人しく従わざるをえないのだ。

だから、仕事終わりに、

  • ドライブに行ったり
  • ゆっくり温泉に行ったり
  • 勉強して自己啓発したり

と色々と予定を考えていたとしても、

上司の「飲みに行くぞ」の一言で全ての予定が狂ってしまう。

 

しかも、1次会であっさりと終わったのならまだ良い。

しかし、2次会、3次会と続くと疲労が溜まり、その上無駄な出費も増える。

 

こんな無駄で非生産的なことは他にはないだろう。

 

最後に

正直、最初は地獄だった飲み会も、恐ろしいことに徐々に慣れていくものです。

入社4年目になった僕も、今ではすっかり慣れました。

 

しかし職場の飲み会は、

全く生産性のない無駄な時間

であるという気持ちには変わりありません。

 

仕事終わりに、勉強をして自己研鑽をしようと思っていても、

上司に飲み会に誘われると断ることができず、怠惰な時間を過ごしてしまいます。

しかし、サラリーマンである以上、上司の言うことは絶対です。

 

このような理不尽な世界を避けて生きたいのなら、

会社の給料に依存せず、自分で収入を得る力を身につけるしかありません。

 

転職するって言うのも一つの選択肢です。

しかし、それでは転職先でも理不尽な上司を持つ可能性もあります。

 

だけど、自分で稼ぐ手段さえ身につければ、

嫌な上司と飲みにいく必要はありませんし、

無駄な飲み会に無駄な時間やお金を支払う必要はありません。

 

だから、僕は自分で稼ぐ力を身につけ、

いつでも会社を辞められるだけの力をつけてやります。

 

 

というわけで、大企業の理不尽な飲み会の話でした!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私、ユウは
ネットビジネスで月収200万以上稼ぐフリーランスと出会い、
その男にビジネスを教えてもらっています。

今はビジネスの基礎を学び、
会社員と二足のわらじで生活をしています。

かつては大企業で毎日が疲弊しながら、
朝から晩まで働いていましたが、
今はビジネスの基礎を学び収益化にも成功しています。
まあ…めちゃくちゃ怪しいですよね。

本当かよ?と思われるかもしれませんが、
僕は、子供の時から不器用で
仕事でも怒られてばかりでした。

そんなダメ人間でも自信を持ち、
フリーランスになるという
将来の目標を作ることができました。

ビジネスに才能は不要です。
正しい知識、思考を学び、
正しい方向で努力をすれば、
誰だって結果を出すことはできます。

僕がこれまで学んできた
ビジネスの基礎や仕組みについては、
こちらで紹介してます⬇️

期間限定でメルマガ登録読者限定の特典をプレゼント中です!

※画像をクリックすると、メルマガの紹介ページに飛びます。

最新情報をチェックしよう!